光線

「色彩」を勉強するためのやつ、か、文章貯めとくやつ
MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掌編

ショートショートをつくろう その1

「エリーの部屋」

部屋に入ってきたエリーは、
彼にもらったイヤリングを取り出して、うっとりしている。
部屋の隅では、バリー(犬)がのっそりと起きだした。

「あぁ!彼ってほんと素敵!私はこれから、
このイヤリングをつけて街に出て、
彼と食事して、そしてときおり彼は、
私がこのイヤリングをつけていることを喜んでくれるのだわ!」

そしてエリーは、愛情たっぷりにバリーを抱きしめる。

抱きしめられながらバリーは、

「うーん、この腹減り具合・・・まだ夕飯は先かなあ、
あぁ目が覚めちゃったなあ。
ご主人は抱きしめてくれるけど、それより外に連れてってほしいなあ。」

そんなことを考えながら、ワン、と一吠えする。

その声を聞きながら、バリーに寄生するノミは、

「よしよし、威勢の良い宿主様だ。充分に血が吸えそうだぞ。とりあえず今日は
この辺りの血を吸って、明日は向こうの毛の薄いところで産卵しよう。それから
あさっては・・・」

その一方、ノミの体内では、様々な種類のホルモンたちが、
卵巣の発育を促す大事な役割についてイメージトレーニングを重ねている。
更に、そのホルモンたちを形成するDNAが、
10億年後の将来に想いを馳せながらうっとりしていた。



「まったくバリーったら、よだれなんか垂らして、私が今どんなこと考えてるか
想像もつかないでしょうね」そういってエリーは、もう一度バリーを抱きしめた。
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。