光線

「色彩」を勉強するためのやつ、か、文章貯めとくやつ
MENU
掌編

S.S.4 青い闘牛





雨があがると、音が止み、
辺りは薄く煙って、
足元が柔らかくぼけていった。

身体が青白い背景の一部になっていく。

俺は顔を上げ、
近くに何か温かい色がないか探してみた。

青白い歩道、
青白いガードレール、
青白いアスファルトと砂利、
だめだ。

俺は仕方なく手袋を脱ぎ、自分の指先を見つめる。
指先の赤色は少し白んでいた。

多分、俺は少しだけ緊張していたのだろう。いや、あるいは憤慨していたのかもしれない。
闘牛が赤色に突進するように、
俺は何か温かい色を探した。

隣にいた少年が横目でこちらを見る。
「ねぇ、絆創膏ちょうだい」
少年は強張った顔をしていた。
「あぁ、ちょっと待ってな」

二人の吐く息は白い。
世界全体は青白かった。
少年の唇の薄紫があるだけだった。
と、ふいに、それは動いた。

「虹で指先を切っちゃったんだ。」
得意げな顔で、少年は笑う。

少年の指に灯る赤。
俺はまぶしくて、目を細める。


スポンサーサイト

1 Comments

梨木みん之助 says..."No title"
う~ん。まさに「色彩」!
ぜひ、今度の自作小説トーナメント
(10月1日~)に出品してくださいまし。
私も、何か書く予定です。
2016.09.18 20:33 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。